50代の女性

50代になると、肌の変化を実感する人もおおいのではないでしょうか。

例えば、今まで使用していた化粧品が肌に合わなくなったり、化粧をしても肌悩みをカバーしきれなくなったりします。

女性の肌は年齢を重ねるごとに自然に衰えていくので、シミ・シワ・たるみ・くすみといった悩みが多くなるのは仕方のないことと言えます。

特に50代頃は更年期に入るので、更年期障害の症状に悩まされる人も少なくありません。

これは女性ホルモンの急激な変化によって起こりますが、肌の新陳代謝のサイクルが乱れたり肌トラブルを招いてしまうこともあります。


では、50代になったらどういった化粧品を選べばいいのでしょうか。

化粧品というと一昔前までは若い女性向けに開発されたものが主流でした。

最近では、50代や60代といった年代の女性に向けた商品も続々と登場しています。

そのため化粧品を選ぶ際には、自分の肌に一番合うものを選びたいものです。


化粧品選びの中でも、シミやシワ、くすみといった肌悩みをカバーするファンデーション選びはとても重要です。

ファンデーションの選び方次第では、肌の悩みを上手にカバーして明るくすることが出来ます。

一番重要なポイントは、カバーしたい悩みに合わせて選ぶことです。


まず、肌の乾燥が気になるという人の場合には、肌にぴったりとフィットしてくれるクリームタイプが適しています。

50代の女性は若い頃に比べて保水力が衰えています。

そのため常に肌が乾燥しているという人も少なくありません。

乾燥肌にパウダータイプのファンデーションを使ってしまうと、粉が浮いて不自然になってしまうことがあります。

クリームタイプだと乾燥肌にも密着してくれるので、ナチュラルな仕上がりになります。

また、少し艶があるものを選ぶと健康的な印象にすることができます。


それからシワが気になっている場合には、軽い感じに仕上がるリキッドタイプがおすすめです。

シワを隠そうとしてコンシーラーなどを塗ってしまうと、シワの部分に入り込んでしまうのでシワが余計に目立ってしまいます。

リキッドタイプであれば伸びが良いので、ヨレたりすることがありません。

シワに悩んでいる人は、硬いテクスチャーよりも柔らかく伸びが良いものを選ぶのがおすすめです。


そしてシミに悩んでいる人は、カバー力の高いファンデーションを選ぶようにしましょう。

コンシーラーでカバーすることも出来ますが、コンシーラーを使う部分が多いと厚塗りの印象になってしまいます。

それよりもカバー力の高いクリームファンデーションなどがおすすめです。