50代の女性

50代の女性へのおすすめアイメイクをご紹介致します。

アイメイクをするのに、どんな化粧品を使用したら良いか、どのようなテクニックを使えば若々しく美しく見えるのかご説明致します。


50代になると、若い頃には気にならなかった、目の周りに小じわ、たるみ、くま、まつげの減少、目の乾燥等、様々な悩みが出て来ます。

そんな中、年齢よりもぐっと若く美しく見えるアイメイクをしたら毎日の人生に自信が持てて幸せな日々が過ごせます。


アイメイクを美しく仕上げるにも、目の周りのスキンケアも大切になるので化粧品選びも大切です。

保湿性の高い化粧水や乳液、乾燥しやすい目元にはアイクリーム等の潤いを与える化粧品を使用するのもおすすめです。

またファンデーションですが、50代になりますと手軽なパウダータイプよりはリキッドやクリームタイプのファンデーションを使用した方が目元の乾燥も防げて化粧のノリを良くする効果がありますので、化粧品選びは特に大切なポイントになります。


アイメイクにどんな化粧品を使用したら良いかご紹介致します。

まぶたがくすんでいるとアイシャドーの発色が悪くなりますのでコンシーラー等でくすみを消してまぶたに透明感を出すようにします。

まぶたに白やクリーム色の明るい色のハイライトをまぶた全体に筆で塗り、まぶたに明るさや透明感を出しベースを作ります。


次にお肌よりやや濃いブラウン系のアイシャドーをまつげの際からまぶたの半分程までチップで塗り目元に立体感と目元のくぼみを解消させます。

その後に濃い締め色を使い、細いチップでアイラインよりやや太めに自然に馴染ませて行きます。


アイラインはリキッドや筆ペンタイプを使用すると横から見た時にも仕上がりが美しくおすすめです。

アイラインは目尻をややハネ気味に描くと美しく仕上がります。

アイシャドーだけでなく、アイラインは必ず使用しましょう。

目元のインパクトや華やかが断然違います。


マスカラはウォータープルーフ効果のあるマスカラを上下に塗るのがおすすめです。

まつげの減少でマスカラだけではまつげのボリュームや長さが出ない方は、つけまつげの使用をおすすめします。

つけまつげも全体に使用するのに抵抗ある方は、まずは目尻三分の一につけまつげを使用してみて下さい。

目元がハッキリと大きく見えて若々しく美しく見えますので是非お試し下さい。


目元のメイクが完璧でも眉毛やチークや口紅がおろそかだと、メイクが映えませんのでご注意下さい。

若々しく美しい50代を応援しています。