50代の女性

50代はまだまだ元気で若い世代と言えますが、肌の老化がはっきりとわかってくる世代でもあります。

この世代になると、シワも小じわだけではなく、深くくっきりしたものも目立ってきますし、シミやくすみなどのトラブルも起きやすくなります。

さらにほうれい線が目立つ、顎がだぶついてくるなどたるみも進みやすい年代です。

年齢による変化はある程度は仕方のないこととも言えますが、化粧品やお手入れ方法を見直すことで50代の肌もより若く美しく保つこともできます。


50代の肌の悩みで多いものに、透明感がなくなってきたということがあげられます。

特に肌のくすみは透明感をなくさせてしまうことにつながりますので、しっかりと対策を行っておきたいところです。


まず、透明感がなくなる原因、肌がくすんでしまう原因としては古い角質が肌の表面に残っていることがあげられます。

若い世代ではターンオーバーの機能も順調ですので、古い角質やメラニンをターンオーバーとともに排出させることもできますが、加齢とともにこの機能も衰えていきます。

肌に残った古い角質を取り除く化粧品としてはピーリング効果のある化粧水やジェル、さらに洗顔石鹸などがあげられます。


美容クリニックの本格的なケアのように即効性があるというわけではありませんが、肌に負担も少なく優しく角質を落としていくことができますので、デリケートとなった50代の肌にも取り入れやすい方法です。

古い角質がなくなると肌のざらつきや黒ずみの解消にも役立ちますし、毛穴を詰まらせていた角栓の除去にも役立ちます。


肌の乾燥もターンオーバーの機能を落とすことにつながりますので、化粧品もより保湿効果に優れたものを選んでおきたいところです。

それから、毛穴のつまり解消には吸着効果のある泥パックなども役立ちますので、こうした商品も取り入れていきましょう。

血行を良くすることもターンオーバーの促進に役立ちますのでマッサージクリームなどの化粧品も取り入れてみることがおすすめです。

クリームを使うことで肌に負担を掛けずに優しくマッサージすることができます。


さらに肌の透明感には美白化粧品も役立ちますので、美白効果に優れた成分を含むローションや美容液も取り入れてみることがおすすめです。

そして、紫外線対策もきちんと行うことが大事ですので、紫外線カット効果に優れた日焼け止めクリームやファンデーションも活用していきましょう。

この場合も肌に負担を掛けない優しいタイプを選ぶことが大事です。