50代の女性

若かった頃は特別なケアをしなくても、シワやたるみが気になることもなく肌つやをキープするのもそれほど難しくはなかったことでしょう。

しかし、50代にもなるとそれまでと同様のスキンケアでは物足りなさを感じるようになり、肌つやもどんどん衰えてしまうものです。

そうなると、年齢に見合った化粧品を選ぶ必要があり、若々しさを保つための努力をしなければなりません。


50代の肌に不足していると感じるのは、潤いだと答える人が多いはずです。

ですから今以上に保湿力の高い化粧水を選ぼうとするのは当然のこと、化粧品も年々進化しており新しい保湿成分も続々と登場していますから、自分に合ったものを選ぶことをお勧めします。

さらに、保湿をしっかり行うだけでなく肌にハリを与えたるみを解消するような、スペシャルな成分が配合された美容液なども使用しましょう。

プラセンタや卵殻膜エキスなど、アンチエイジングに効果的な成分は肌にハリやツヤを与え、若々しい肌を取り戻すために有効だといわれています。


また、肌につける化粧品だけでなく、メイクや皮脂汚れを落とすための洗顔化粧品選びも大切です。

メイクや汚れが残ってしまうのは、肌のターンオーバーを乱してしまうのでしっかりと落とすことが大切ですが、強力な洗浄力があるクレンジングや洗顔料でゴシゴシと擦ってしまうのは絶対にいけません。

肌にやさしい成分で作られている洗顔料で、擦らずにしっかり泡立てて肌に直接触れず泡を転がすようにして洗いましょう。

洗顔後もタオルで擦ってしまうのはNGで、軽く押さえて水分を吸い取らせる程度にします。

そして、乾燥しないようにすぐにたっぷりと化粧水をつけますが、この時もパンパンと叩いてつけたりせずに、優しくなじませるようにします。


最近は手軽なオールインワンの化粧品も人気となっており、あれこれ使わなくてもしっかりと効果が得られる商品も出回っています。

過去にはオールインワンは保水力が足りないと感じることもありましたが、保湿力が高く美容成分も贅沢に配合されたものもあるので試してみる価値は十分にあります。

肌に何度も触れるようなスキンケアは、刺激になり悪い影響を与えることもあるのですが、オールインワンならそれ一つでケアが完了するので、肌が敏感でトラブルが起こりがちなら試してみることをお勧めします。


また、化粧品だけに頼るのではなく規則正しい生活を心がけ、食事は栄養バランスに注意し睡眠をたっぷりとるなど、体の内側からのケアもきちんを行うようにしましょう。